2匹のEコッカーのほのぼの日記。
思うこと・・・
2016年09月04日 (日) | 編集 |
グーグーの兄弟がどうなったのか・・・実は気になっていて、保護団体のHPを時々チェックしていた。
昨日、グーグーにそっくりの子の写真が出ていて、生後1ヵ月半と年齢もドンピシャ!
グーグーの兄弟に間違い無い!と思い、今日譲渡会の会場に行って来た。

行ったからといって、引き取るわけでは無いのに。
でも確かめたかった。

行ってみると、その子らしい子猫がいないので聞いてみると、
HPに写真を載せてすぐに連絡があって、里親さんが決まり昨日引き取りに来たそう。

あ・・・そうなんだ。
それはそれで良かった。
ホッとしたような、会えなくて残念だったような。
でも、良かった。

その子猫がここに来た経緯を聞いてみると、保健所から引き取り、親子で3匹だったとのこと。

あれ?違う。

それで、実はこういう事があって、兄弟かと思って見に来たんですと言うと、
他にNPO法人の団体があるので、そっちに行ってるかもしれないと教えてくれた。

早速HPを検索すると、殺処分寸前の子猫を20匹ほど保護したと書いてある。
こっちだ。 きっとこっちにいる。
今日、譲渡会をやっている。
確かめたい!
と、こちらの譲渡会場にも行ってみた。

ただ見るだけなのは申し訳ないと思いつつ・・・
でも、何もしなかった罪悪感がまるで自分が捨てたような気がして
無事、保護されていると確信したくて行ってしまった。

こちらの保護団体では、百匹以上の犬猫を保護しているとHPに書いていたけど、会場にいたのは数匹の猫のみ。
見てみると、グーグーの兄弟っぽいのはいなかった。

スタッフの方に、こういう子猫を保護していませんか?と聞いてみた。
先月で、生後1ヵ月程度で、柄はこういうので7匹で・・・と説明すると、3人のスタッフの方が、あれ?それ?と心当たりを言ってくれるのだけど、ちょっと違うか?と思ったり、茶色いのはいませんでした?と聞かれ、黒っぽくて、でも真っ黒じゃなくて少し茶も入ってるような・・・とか色々話してるうちに、一人の方が、いるいる、うちにいる、と他のスタッフに特徴を説明して、あ~~!と何となくそれっぽいのがいるという話しでまとまったのだけど、確信とまではいけなかった。

引き取るわけでも無いのに、それ以上スタッフの方の手を煩わせるのも申し訳ないので、納得する事にした。

自分でも何やってるんだろうな~と思う。


疲れたし・・・重い。

IMG_2215 (356x450)

私の膝の上に、ジーナとマックス。(マックスは仰向け)
近すぎて頭しか撮れない。


 お城

IMG_2333 (385x440)

・・・と、進撃の巨犬。

よかったら押してね
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジ白猫へ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック