2匹のEコッカーのほのぼの日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨て猫を見つける
2016年08月17日 (水) | 編集 |
8月14日。
朝からお墓参りに行く予定なので、早めに犬の散歩。
朝5時半頃、家の近くの公園の前まで来ると、ジーナがグイグイと公園の中に行こうとする。
いつも中には入らないので、ダメー!と引っ張り戻そうとすると、小さく「ミー。ミー。」と聞こえる。

ん? ん? と辺りを見ると、ミカンの段ボールが。
その中から「ミー。ミー。」
しっかりとガムテープで塞いでいるので、中は見えない。

 捨て猫・・・。 勘弁してよ・・・。

どうすんのよ。どうすんのよー!!!

えっと・・・えっと・・・、中を確認。
厳重にガムテープで塞いでいるので、開けるのが怖い・・・。
でも、端っこのテープをちょっとだけ持ち上げてみる。
中が見えた。

子猫!!! 小さい!!! しかも、頭が3つ位見えた!
ちょっと待って! ちょっと待って!! いっぱいいるわけ?
いや、マズイでしょ。 

一番ないてる1匹が今にも出てきそうな勢いで、私が開けた隙間から頭を出してきた。
いや、ちょっと待って!出てきちゃダメ!
今、出てくるのはよろしくないの。
ごめんね。と軽くガムテープを閉じる。

だ・・・誰か!! 誰か助けてください!
と思っても、早朝だし、日曜だし、お盆だし、人も車も誰も通らない。

考えよう。考えよう。(かなりうろたえている)

まずは、犬を家に置いてこよう。
公園の柵にリードを引っ掛けていたので、取りあえず家に帰ろうとすると、
まだ散歩を始めたばかりなのに!とジーナが怒って、私の靴に噛みついた。
ジーナは、帰りたくない時こういう事をします。
噛みついたまま引きずって帰宅。(私、かなり動揺)

時計を見ると、6時少し前。
携帯を持って、実家に電話をかけながらさっきの公園に戻る。
「子猫がさー、捨てられててー。掌サイズのすっごく小さいの、3匹いる。ボケ防止に飼わない?」
「3匹も無理だよ。」
「1匹でいいよ。ちょっと聞いてみてよー!」と、父に確認してもらう。

割とあっさり、1匹なら連れてきてもいいという話がついた。

公園に戻ると、近所に住んでいるおじさんがこっちに歩いてくる。
天の助け!!

早速、猫がいる事を話すと、おじさん、「ほんとだ。猫の声がするね。開けてみようか。」と言って、躊躇なくガムテープを剥がした。

結構頑丈に貼っているので、すんなりと開けられない。
半分くらい開けたところで「5匹いるわ。」とおじさん。
えぇ!!そんなにいるの?
1匹、2匹なら保護も考えてたけど、そんなに沢山いるなら私には無理。
取りあえず、実家で1匹引き取ってくれるって言ってたから猫を入れる籠を持ってくるとおじさんに言うと、「ここで見てるから持っておいで。」と、見ててくれる事に。
走って家に帰って、ジーナが佐賀県から来た時に入っていた籠をロッカーから引っ張り出して、また走って公園に戻る。

おじさん、「8匹いるわ。」

は・・・・はっぴき?

ガムテープを全部剥がして蓋を開けたら、全部で8匹もいた。

長くなるのでつづく。

動揺して写真を1枚も撮っていません。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジ白猫へ


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。